荒井先生の魔法の言葉

☆(他のパートを)よく聴いて!
 どこで助けを必要としているか?
 寄り添って、支えてあげてください。

 全員がこのタイミングを体の中で感じて
 周りの人の呼吸を感じて合わせて。

☆(手を合わせて押し合う、片足立ちなどの動作で)
  支えを作った時、どこの筋肉を使ったか覚えて、
  (動作をしなくても)支えを作れるようにしましょう。

  ≪三つのイメージ≫
   「ワインオープナー」
   「けんすい」
   「フィギュアスケート(白鳥になったつもりで)」

☆ALLELUIAは4つの母音の響きを明確にする。

アレルヤではなくアッレルーヤ。
最後までこの言葉の抑揚(エネルギーをかけるところ
と抜くところ)に従って音とフレーズを作る。

ソプラノとアルトのバトンタッチはスムーズに!!

臨時記号は、色の変わるところ。よく考えて歌って!

☆頭声(ヘッドヴォイス)で歌うには?
頭の後ろの頭蓋骨の終わりの辺りの筋肉を動かして、母音を
発音する。(日本語でしゃべるようには口の形を変えない)

・ア 頭の後ろを全開に
・エ 頭の後ろの筋肉を横に引っ張るように
・イ エよりさらに横に引っ張って
・オ 頭の後方、斜め上に向かって
・ウ オよりさらに、後ろに遠くに向かって

※どの母音も、もっと後ろの空間に向かって遠くまで響かせる。
※軟口蓋の上を柔らかくして発声する。力で作らない。

     『茜の空に』
    日本語の素晴らしい詩の言葉をしっかり歌う。
 ◆大前提として、頭・首の後ろを開いて歌う。

 ◆その上で、言葉がはっきり聴こえるように歌うには、
  ・あごを緩ませることで、
        あごを独立させて子音を歌う。
        あごを独立させて音程を取る。
  
 ◆縦にひとつひとつの音にアンテナを立てて、重心を
かけてぶれないように歌う。

 ◆頭声(ヘッドボイス)に合った響きが下がってしまい音が濁る。
   下降形の音の抜けが悪くなるので注意。

© 2023 by Mel's Vineyard, Ltd. Proudly created with Wix.com

  • Wix Facebook page
  • Wix Twitter page
This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now